© DNA修復素材AC-11を最も分かりやすくお伝えするサイト All rights reserved.

201912/28

AC-11がDNAの損傷を修復するメカニズム

DNAは人間にとって、体の設計図であり、それに異常をきたしてしまうと、それぞれの身体機能に悪い影響を与えてしまうことになります。

DNAが損傷し、修復できない状況が増すと、場合によっては悪性の細胞へ変化してしまう恐れもあります。

また、肌細胞は紫外線や酸化ストレスによるダメージを受けやすいため、皮膚組織内でDNA損傷が頻繁に起こり、組織内の各細胞の働きに影響を与えます。

皮膚細胞のターンオーバーやメラニンの生成、コラーゲンの合成などに異常が発生し、肌トラブルなどの原因につながります。

また、現在は社会や環境的にもどんどんDNA損傷リスクは高まっていっているといえるでしょう。

生来、人間の持つDNA修復機能にはいくつかあり、その中の1つとして、ADPRTという酵素が壊れたDNAを見つけ、壊れた部分を取って、そのあと修復酵素が正常に戻すという仕組みが考えられます。

しかしながら、活性酸素の増加や年齢を重ねていくことでこの酵素の働きは次第に衰え、修復率は右肩下がりに低下してゆきます。

ADPRTが活性化すると、DNAが傷ついた場所が素早く見つかり、早期に切り取られることにより、異常細胞発生の可能性を低下させ、加齢や活性酸素の増加に伴うDNA修復機能の衰えを補助します。

AC-11は、この酵素を活性化するといわれており、その機能や仕組みについては現在、さらに研究が進められているのです。

AC-11がもたらす美白効果

メラニンの生成を基底層レベルで抑制 シミ発生のメカニズム 年齢を重ねていく上で、多くの女性にとって、もっとも多いと思われるのが「シミ…

美肌を作る重要要素「基底膜」へのアプローチ

AC-11が肌の土台を支える成分を活性化 基底膜、という言葉をご存知でしょうか? 基底膜とは、表皮と真皮が接している、厚さわずか…

AC-11による肌乾燥改善、抗シワ効果

コラーゲン産生能力を高め、ハリのある肌へ シワができる原因には、表皮や真皮へのダメージから起こる乾燥、肌弾力の低下のほか、女性ホルモン…

AC-11によるIII型コラーゲン生成促進効果

コラーゲンとは よく、美容のためにコラーゲンたっぷりのとり鍋を食べて・・・といった話も聞きますが、そもそもコラーゲンとは何なのでしょう…

AC-11によるDNA修復促進効果

ストレスや喫煙、睡眠不足、食生活の乱れといった不健全な生活習慣を続けたり、強い紫外線を浴び続けることで、体の中に必要以上の活性酸素が…

ページ上部へ戻る